カリフォルニアときどき世界へ

グルメ、パワースポット、エアライン情報を中心に海外旅行記お届けします♪

【ケベック 】紅葉シーズンのケベック シティを散策

西海岸では残念ながら、紅葉は黄色がメインで、色鮮やかな美しい紅葉を楽しむことができません。。😥 2018年10月、突然「美しい紅葉を見たいっ!!」という衝動に駆られました。さすがに京都までちょっとひとっとび 🛫 は厳しかったので、東海岸はどうだろう?と調べてみました。そこで、アクセスもよいモントリオールと、せっかくなので足を延ばしてケベック シティも行ってみることにしました。

モントリオール発のケベック ツアー

モントリオールとケベック シティ間は約255kmの距離。バスで約3時間なので日帰り可能です。Veltra のツアー  Viator のツアー  で迷ったのですが、結局安かった Viator の英語ツアーに参加することに。英語で説明されながら周るのは1時間半くらいで、後は自由行動とバス移動の時間なので、英語が堪能でなくても参加しやすいと思います。

朝は 7時に集合して手続き後、バスで出発です。かなり満席でした。10月中旬でも、とにかく、さ、さ、寒いっ!!!!朝は2Cくらい。。カリフォルニアでは極寒になることもないので、ダウンジャケットを日本の実家に置いてきてしまったことを激しく後悔・・・😓 もちろん、ケベック シティはさらに北なので、もっと寒かったです・・・🤣

ケベック シティ

バスの窓から紅葉が見え始めると大興奮!!赤や黄色の美しいコントラストを久々に見られて感動しました。

約3時間ほどバスに揺られてケベックへ。まずは、モンモランシー(Montmorency)の滝を見学。落差84メートルということで、ナイアガラの滝より約30mも高いそう。

モンモランシーの滝(Montmorency Fall)

この時、けっこう雨が降ってきてしまい、ゆっくり鑑賞できなかったのが残念😞

モンモランシーの滝(Montmorency Fall)

ケベック シティ散策

いよいよケベック シティへ到着。「フェアモント ル シャトー フロントナック」という歴史あるホテルが丘の上に見える大通りでバスを降ります↓

ケベック シティ

↑ 紅葉がステキ❤ 街自体はそれほど大きくありません。スピルバーグとトム ハンクスを案内したことがあるという、カナダ人のベテラン ガイドさんが街を案内してくれます。ここはフランス語圏ですが、ガイドさんはもちろん英語ペラペラです。

ケベック シティ

ヨーロッパのような可愛らしい街です。

ケベック シティ

ハロウィンが近かったので、こんなデコレーションも↓

ケベック シティ

北米最古の石造教会、「勝利のノートルダム教会 (Eglise Notre-Dame-des-Victoires)」。小さな教会です。

ケベック シティ

こちらはノートルダム聖堂

ケベック シティ:ノートルダム聖堂

約1時間半のツアーが終わると自由時間です。まずはガイドさんがおススメしてくれたレストラン「Spag & Tini Le Resto」というイタリアンでランチ タイム。

ケベック シティ

メニューは本日のランチ、ビーフストロガノフだったような・・お味はあまり覚えていない、、ので、たぶん普通だったと。。

ケベック シティ:Spag & Tini Le Resto

食後は、自由に街を散策してみます。

ケベック シティ

ケベック シティ

ケベック シティ

ケベック シティ

あまりの寒さに途中でコーヒーブレイク。フレンチ系なので、やはりコーヒーは美味しかった😋 私はいつもコーヒーはカフェインレスなのですが、美味しいカフェインレスになかなか巡りあえず。。

街を散策しながら、お土産もゲット。今回は定番のメイプル シロップとメイプルバター。バターはかなり甘かった。。

メイプル シロップとメイプル バター

約2時間近く散策して、集合時間です。集合場所は行きに降りたところと同じですが、バスが長い時間止められないということで、「遅れたら置いていきます」と強く言われました。。しかも「一昨日のツアーで置いていかれた人がいました」という恐ろしい話まで🤣 日本語ツアーのように親切に待ってくれたりしないところが英語ツアー・・・

ワンポイント英語

この時、英語で「出発時間は xx 時 sharp!」と言われました。「sharp」は「きっかり」という意味で、遅れてはダメ、というニュアンスがあります。

曇りだったのが少し残念でしたが、ヨーロッパのような美しい街並みのケベック シティを堪能できて満足でした。ただ、紅葉はキレイでしたが、どどーーーんと見渡す限りの光景というわけではなかったので、紅葉だけを目的に行くと期待外れかもしれません。

↓クリックして頂けたら嬉しいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村